サスケ120裂波のインプレとヒラメ釣りでのサーフでの使い方を解説

アイマから発売されているサスケ120裂波。

サーフでヒラメ釣りをする場合に何を使っていいかわからない。

そんな人は、とりあえずサスケ120裂波を使っておけばいいかと。

そして、ひたすら使い倒して、

サーフのヒラメ釣りとはどういうものかを知るきっかけになるのがサスケ120裂波です。

そんなサスケ120裂波の使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

安定した飛距離が個人的にツボ

サスケ120裂波を愛用している理由の1つが、安定して飛距離がでるということ。

サーフのヒラメ釣りにおいて、アクションよりも大切なのが飛距離です。

そして、次にアクション。

これが当サイトの管理人のヒラメ釣りのこだわりです。

まずは飛距離を安定して出してくれるルアーをチョイスする。

それがサスケ120裂波かと。

難しく考えずにまずは投げて巻く

ヒラメ釣りに限らず、すべてのルアーフィッシングにおいて、投げて巻くということは基本中の基本です。

とにかく使い方がわからなかったら、投げて巻く。

1日投げ倒してみてください。

最初は思うようにルアーを信じることができなくて、1日投げ切れなかったりしますが、何度もトライして初ヒラメをゲットしましょう。

他のサイズも揃えると無双

サーフのヒラメ釣りでとりあえず揃えたいサイズがサスケ120裂波。

ですが、他のサイズとかも使うと釣りをしていて楽しいし、ヒラメ釣りのゲームが深くなって釣り人としての経験値がたまるかと。

個人的にはサスケ140裂波を持っていると、水面がザワついていたりして、ヒラメの活性が高いときになるべくヒラメに見つけてもらいやすくなるなどの利点がある気がします。

まとめ

アイマのルアーって、どれも優秀。

その優秀なルアーのなかの王道がサスケ120裂波です。

これからヒラメ釣りをはじめる人は、持っておいて損はないルアーになっていますね。