サーフのヒラメ釣りでのワームのカラーローテーション【釣果アップ!】

サーフでのヒラメ釣りって、どうしてもデカいミノーとかバイブレーションとかを遠投して、ガンガン巻くイメージが強いものです。

ですが、実際はワームを使うほうが釣果が良かったりします。

当サイトの管理人が初めてサーフでのヒラメ釣りをするときに、釣り具屋の店員にオススメされたのがエコギアのグラスミノー。

ルアーよりもワームのほうが釣れるよ。

そう言われてひたすらエコギアのグラスミノーだけを投げ続けていました。

そんな思い出のあるワームのカラーローテーションについての考えを解説します。

スポンサーリンク

ナチュラル系からハイアピール系にローテーションさせていく

これがヒラメ釣りにおいてのベースになっています。

まずは自然な色で誘う。

それで釣れなかったらヒラメが気づいていないと仮定して、ホワイト系のカラーに変えていく。

これが個人的な考えです。

シンプルに考えて釣りをすることによって、釣りに集中することが大切かと。

あまり難しく考えるとキャスト数が減ったり、無駄に頭を使って疲れて帰宅。

そういったことになりかねないので、気軽にカラーのローテーションはしていくのがベストかと。

自分なりに経験値をためる

今の時代は、youtubeなどの動画とかSNSでいくらでも情報を手に入れることができます。

これはサーフでヒラメ釣りでも同じこと。

カラーローテーションについてもいくらでも情報があります。

大事なのは自分で実践して経験値をためること。

それで自分なりの理論を構築してヒラメ釣りをしていく。

そうやって釣りってうまくなるものかと。

要はガンガンヒラメ釣りに行って経験値をためることが大切になってきますね。