【ストラディックC3000のインプレ!】ハガネコンセプトでサーフのヒラメ釣りでもバッチリ!!

ストラディックは、発売されてからだいぶ経ちますが、発売当初から購入して今もガンガン使っている人は多いのではないでしょうか?

テキストそんなシマノから発売されているストラディックの特徴は以下のとおり。

・なにより頑丈(ハガネコンセプト)が売り

・頑丈だから変わらない巻き心地を維持

・なにげにコスパに優れている

スポンサーリンク

ハガネコンセプトを採用

シマノのリールって昔から頑丈です。

当サイトの管理人はバス釣りもかなりしているのですが、銀メタとかいまだにバリバリ使えますからねw

すごいっすシマノの技術。

昔からリールの耐久性に好評だったシマノのリール。

その耐久性をコンセプト化したのがハガネコンセプトです。

ストラディックはガンガン使ってもそれに対応するだけの剛性があります。

サーフのヒラメ釣りほどリールを酷使する釣りはないので、ストラディックはかなり向いているモデルになっているかと。

頑丈だから変わらない巻き心地

ストラディックって、巻き心地がいいです。

そして、その巻き心地は使いこなしても変わらない巻き心地を維持してくれます。

まあ、これもハガネコンセプトによるリールの歪みを減少しているからできることかと。

コスパに優れている

ストラディックって性能は当然ながら不満がないモデルです。

だけど、このリールのすごいところは上位機種並みの性能を持っているのにコスパに優れているところ。

楽天なんかで価格を調べてみると、大体2万円くらいで購入することができます。

サーフのヒラメ釣りって、1シーズンか2シーズンがっつり釣りをしたりしたらすぐにリールは壊れます。

そう考えるとストラディックは買い替えも効いて性能もいいから最適なリールになっているかと。

まとめ

サーフのヒラメ釣りって、どれだけ丁寧にリールを使ったりメンテナンスをしていたりしても、早い段階で壊れるもんです。

オーバーホールを出して直すというよりも、また買いなおせるぐらいのコスパに優れたリールをチョイスしていきたいところですね。