【シマノ ヴァンキッシュ3000のインプレ】ヒラメ釣りのサーフで軽快に使えるハイエンドリール

お金がある人で、定期的にリールを交換する人なんかにはぜひとも検討してほしいシマノのヴァンキッシュ3000。

マグナムライトローターからくる巻きの軽さとハガネボディの組み合わせによって、強くて軽いリールを実現しています。

そんな16ヴァンキッシュ3000の特徴は以下のとおり。

・自重が3000番サイズで185gとめちゃめちゃ軽い

・ギア比のラインナップが豊富

・巻きが軽い

スポンサーリンク

自重が軽い

リールが3000番台で自重が185gって、めちゃめちゃ軽いです。

最近のリールは、自重が軽いのに強いっていう素晴らしいリールが増えてきています。

その代表例がシマノのヴァンキッシュ。

リールが軽いって、サーフのヒラメ釣りにおいてもかなりメリットがあります。

・キャストを思いきり振り抜ける。

・長時間釣りをしていても体に負荷がかかりにくい。

・結果的にヒラメを釣る可能性が高まる。

リールの自重が軽いって、本当に素晴らしいです。

巻きが軽い

ヴァンキッシュの巻きが軽いのには、マグナムライトローターの存在がかなり大きいです。

マグナムライトローターによって、今までのシマノのリールよりも巻きが軽いので、アングラーに負荷がかかりにくくなっています。

これによって、集中して釣りができるので結果的にサーフのヒラメに近づくことができるようになるかと。

ギアのラインナップが豊富

すごい大事な要素。

それは豊富なギア比の存在。

ノーマルギア、ハイギア、エクストラハイギア。

自分の釣りのスタイル、ルアーによって適切なギア比を選べるって大事です。

ミノーを表層でめちゃめちゃ早く巻く。

引き抵抗を感じて、ルアーが今どういった動きを感じなら釣りをしたい。

そういった状況ならエクストラハイギア。

まあ、こんな感じでリールのギア比を選べるっていいことなんですよね。