【ジャンプライズのぶっ飛び君95Sのインプレ】圧倒的飛距離を出してまだ見ぬヒラメを釣る

井上ゆうきさんが開発したぶっ飛び君95S。

なんだろ、ルアーのなかでこういった名前のルアーってあんまりなくて個人的にはそこがツボですw

シンプルに分かりやすい名前であるぶっ飛び君95S。

特徴は、みなさんもわかっていますが、

圧倒的飛距離です!

95ミリのコンパクトサイズでありながらめちゃめちゃ飛びます。

スポンサーリンク

無風に近い状態で威力を発揮

ぶっ飛び君95Sの威力が発揮されるのは無風状態に近いとき。

その状態ならレンジキープをしっかりしてくれるので、長い距離を狙いたいレンジを釣ることができます。

逆に、悪天候の状態だったら完全に飛びキング105HSの出番。

メタルジグの飛距離とミノーの動きを持った飛びキング105HSを使っていくのが得策になってきます。

使用したいラインは?

ではこのぶっ飛び君95Sに使用したいラインは何がいいか?

個人的には、PE1.2号にリーダーがナイロンの25ポンドあたりがいいかと。

リーダーが25ポンドって太いイメージがありますけど、実際太いですw

だけど、サーフのヒラメ釣りって、ラインで見切られるとかはないと個人的には思っています。

だから、飛距離が出て、なるべく太いラインが使いたいとなるとリーダーがナイロンの25ポンドが適正になってくるかと思います。

まとめ

サーフェスウィング147Fで一躍ジャンプライズが有名になりました。

それも井上ゆうきさんのソルト業界で生きていくための情熱の塊があったからです。

もちろんぶっ飛び君95Sも井上さんの情熱が注がれているので、気になる人はぜひともチェックしておきたいところです。