ツインパワーc3000のインプレ!圧倒的な安心感とコスパ

シマノのハイエンドモデルといえば、昔からステラ。

そして、ワンランク下げたモデルで有名なのがツインパワー。

昔からソルト業界でリールを選ぶならステラかツインパワーが主流でした。

いまではコスパに優れているストラディックの登場などにより、ちょっと流れは変わりました。

ですが、基本的にはソルトフィッシングをやりこんでいる人は、ステラかツインパワーであることはいまだに健在です。

今回はツインパワー。

本気でサーフのヒラメ釣りをやりこみたい!

だけど、ステラを買う予算がない。

だけど、しっかりした性能を持ったリールを使いたい。

そんな人のためのツインパワーです。

ツインパワーは発売から10年以上たって、リニューアルするたびに性能がよくなっています。

サーフのヒラメ釣りに最適なツインパワーc3000の印象をまとめてみました。

スポンサーリンク

カチッと感が半端ない

ツインパワーc3000って釣り具屋でちょっとだけ巻いただけでもわかると思いますけど、

カチッと感がすごいです。

これって、サーフのヒラメゲームにおいては大事な要素。

いくら性能がよくてもカチッとしたリールでなければすぐに壊れてしまいます。

ハガネギアの存在

先ほど書いたカチッと感につながる部分でもありますが、ツインパワーc3000の強みは何といってもハガネギア。

サーフのヒラメ釣りでリールをかなり酷使する環境でも耐える性能を持っています。

まとめ

ステラほどの性能はいらないけど、しっかりと使い込めるリールを使いたい。

そんな人はツインパワーc3000が最適かと。

ツインパワークラスのレベルのリールになってくると、明らかにリールの違いに気づくと思います。