ビーチウォーカーリボルトのインプレと使い方

各地のサーフエリアでヒラメなどのフラットフィッシュを釣るために人気が出ているデュオのビーチウォーカーシリーズ。

よく飛んで、よく動く。

個人的には各種ラインナップを使ってみてそう感じています。

今回はビーチウォーカーリボルト。

どうでもいいけど名前がリボルトってなんかカッコいいですよね。

そんなビーチウォーカーリボルトの特徴と使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

ビーチウォーカーリボルトの特徴

ビーチウォーカーリボルトの特徴はなんといっても、ルアーの後方についているブレードの存在です。

このブレードの存在によってひたすらキラキラしますw

そのキラキラによってヒラメ、マゴチなどのフラットフィッシュにアピールすることができて、パクっといっちゃうわけです。

あとは、80ミリというコンパクトサイズなのもいいところですよね。

しっかりとアピールができて、ボディサイズがコンパクトなのでヒラメも捕食しやすいサイズになっています。

ビーチウォーカーリボルトはただ巻きでオッケー

堀田さんがプロデュースしているルアーって、本当にシンプルに使いやすいです。

理由としてはただ巻きで釣れるルアーだから。

難しくシャクッたりとか、トゥイッチを入れたりとかそういうのいらないです。

基本、ただ巻くだけ。

だからアングラーも集中して投げ続けられる。

だからヒラメが釣れる。

個人的にそう思っています。

まとめ

サーフのフラットフィッシュゲームにおいて絶大な人気を誇っているデュオのビーチウォーカーシリーズ。

今回はビーチウォーカーリボルトを紹介しましたが、ほかにもビーチウォーカーシリーズはあるのでぜひともいろいろと使ってほしいかと。

ビーチウォーカーハウルの使い方

ビーチウォーカーフリッパーの使い方