ヴァンキッシュ4000xgのインプレ!青物にも使える万能リールを解説

シマノから発売されているヴァンキッシュ4000xg。

4000番というサイズなのに、その自重なんと、

240g!!

正直言ってすごいです。

そして、シマノのリールの強みである剛性。

これがしっかりと確保されているリールがヴァンキッシュ4000xgです。

ヴァンキッシュ4000xgは他にも優れている性能がいくつもあります。

そんなヴァンキッシュ4000xgのスペックなどをみて感じた印象をまとめてみました。

スポンサーリンク

まずは簡単なスペック紹介

最初にヴァンキッシュ4000xgの簡単なスペックを紹介します。

・自重240g

・糸巻き量フロロ5号115m

・一回転あたりの糸巻き量99センチ

いやー自重が軽くてエクストラハイギア。

潮の流れをつかんだり、ルアーがしっかりと動いているか確認することが重要になってくるサーフのヒラメ釣りにおいてはかなり重宝するリールですよね。

魅力的な技術が詰まっています

ヴァンキッシュ4000xgはシマノのハイエンドモデルだけあって、相当な技術が詰まっているリールです。

個人的に気にいっている技術は以下のとおり。

・ハガネギア

・マイクロモジュールギア

・マグナムライトローター

他にもいっぱい魅力的な技術が入っています。

だけど、個人的には上記の3つの技術が最強化と。

サーフのヒラメ釣りにおいて有利になる性能がしっかりと入っているのがヴァンキッシュ4000xgです。

まとめ

サーフのヒラメ釣りって、すごい歩くし釣り終わりはクタクタなもんです。

だからこそ、体力的にしんどいと思う人こそ、ヴァンキッシュ4000xgのように自重が軽いリールを使うのがいいかと。

それによって、釣行後の疲れも軽減できるし、長時間の釣りも集中して釣りができるので一度は検討しておきたいところです。