【シマノ ステラc3000hgのインプレ】圧倒的な存在感の最高峰

シマノのスピニングリールにおいて一番はやっぱり、

ステラ!!

昔からシマノはステラなんです。

中学生、高校生は釣り具屋のショーウィンドウでステラを眺める。

大学生は背伸びをしてステラを買う。

そして、社会人になってからもリニューアルされるたびに買う。

そういったステラ信者が結構いるもんです。

そんなステラって、巻き心地が明らかにほかのリールと違います。

ちょっとだけ巻いて気づくはず。

このリールは何か違う。

違うのは性能だけじゃない。

それは値段。

本当にステラが価値あるものなのか、一度は使ってほしいもんです。

そんなステラc3000hgのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめみました。

スポンサーリンク

簡単なスペック紹介

サーフのヒラメ釣りにマッチしているc3000hgのスペックは以下のとおり。

・自重225g

・糸巻き量・・・フロロ4号100m

・ハンドル1回転あたり・・・88センチ

ステラってなにげに自重が軽くなっているんですよね。

3000番台で225gは全然問題ないレベルかと。

気になる技術を紹介

個人的にサーフのヒラメ釣りにおいて魅力的な性能は以下のとおり。

・コアプロテクト

・マイクロモジュールギア

ほかにもめちゃめちゃ優れいている性能がステラc3000hgにはラインナップされています。

だけど、サーフのヒラメ釣りにおいて個人的に気になるのが上記の2つ。

コアプロテクトなんかはマジでありがたい性能かと。

だって、サーフの水しぶきによる潮の侵入も防ぐことができますからね。

値段が気になるところ

これだけ優れているリールでシマノの最高峰となると気になるのが値段。

とにかく高いです。

まあ、自分で確認してみてくださいw

まとめ

誰もが釣り具屋にいったときに気になるのがステラ。

シマノを普段から使っている人はステラを購入することを目標に仕事を頑張っている人もいるかもしれません。

そうやって手に入れたステラってすごい大事に使えるし、結果的に人間的に成長させてくれるリールなのではないでしょうか?