ビーチウォーカーアフレイドのインプレと使い方を解説

一時期フィッシングショーでビーチウォーカーアフレイドは注目されていたルアーでした。

それもそのはず。

堀田さん弟分である原田さんが考案していたルアーだからです。

ビーチウォーカーアフレイドはプロップベイトにブレードがついているルアーです。

いかにも釣れそうなルアーだけに各地のアングラーがこぞって使用しているルアーです。

そんなデュオから発売されているビーチウォーカーアフレイドの使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

ビーチウォーカーアフレイドの特徴

ビーチウォーカーアフレイドの特徴は以下のとおり。

・プロップベイトとブレードが合体したルアー

・よく飛

まあ、シンプルに特徴を解説するとこの2つではないかと。

プロップとブレードを合体したルアー

ビーチウォーカーアフレイドはプロップとブレードが合体しているルアーになっています。

なので、プロップとブレードの相乗効果で確実にヒラメなどのフラットフィッシュにアピールしてくれます。

よく飛ぶ

これもサーフのヒラメ釣りにおいてはとても大事な要素の1つです。

てか、超大事です。

飛距離が出ないルアーは使用する状況をめちゃめちゃ選ぶので個人的にはあまり使わないっす。

その点ビーチウォーカーアフレイドはプロップとブレードがついていて飛びにくいイメージがありますが、ちゃんと飛びます。

広範囲に探ることがキーになってくるサーフの釣りではビーチウォーカーアフレイドのようなルアーはマストになってきます。

ビーチウォーカーアフレイドの使い方

使い方はプロップが回るギリギリの速度で巻くことですw

これによって、ヒラメなどのフラットフィッシュがバイトしにくい時間帯でも釣果を上げる可能性を上げてくれるかと。

プロップが回るギリギリの速度で巻くのって、案外難しいです。

ロッドでレンジをコントロールしながら巻いていかないとボトムを小突いたりするので、なるべくロングロッドでの使用が個人的にはおすすめです。

まとめ

デュオから発売されているビーチウォーカーシリーズ。

さまざまなシリーズが発売されていますが、ビーチウォーカーシリーズでいい思いをした人はアフレイドもぜひともラインナップに入れておきたいところですよね。