ロウディー130fのインプレと使い方!サーフのヒラメ釣りでもバッチリ発揮するルアー

ジャンプライズから発売されているロウディー130f。

フローティングミノーでありながらも、確実に飛距離が出て、

確実にアクションしてくれる。

それが、井上ゆうきさんが開発した超人気で実力のあるロウディー130fです。

そんなロウディー130fの特徴と使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

ロウディー130fの特徴

井上さんがさまざまな環境で開発して挑戦したロウディー130fの特徴は以下のとおり。

・食わせのアクション

・操作性

この2つではないかと。

食わせのアクション

いままでのリップレスミノーって、飛距離が優先されていたりして、

とにかく広範囲に探ることをコンセプトにしているものが多かったんです。

だけど、ジャンプライズから発売されているロウディー130fは、確実にサーフのヒラメなどを誘発する食わせのアクションを兼ね備えています。

だから、ベイトフィッシュが波打ちぎわとかで追われていて、確実に魚がいるという状況ではガンガン投げ込んでいきたいルアーになっているかと。

操作性

食わせのアクションにもつながることですが、ロウディー130fは操作性に優れているリップレスミノーです。

サーフのヒラメ釣りにおいてキーになってくるミドルレンジ。

そのミドルレンジをロウディー130fは確実にトレースするレンジキープ力があります。

ミドルレンジを確実にトレースすることができて、ローリング主体の食わせのアクションをしてくれる。

そりゃ釣れますよね。

使い方はまずはただ巻き

基本的にソルトのルアーって、ただ巻きがメインです。

それはロウディー130fも同じこと。

あまり難しく考えずにひたすらただ巻きで攻略していきましょう。

まとめ

井上ゆうきさんがめちゃめちゃ情熱を注いで生まれたロウディー130f。

発売当初から各地のアングラーが釣果を叩きだしているだけに、今後のジャンプライズのルアーにも注目したくなるルアーになっています。