サーフェスウィング147fのインプレと使い方!サーフのヒラメ釣りでのパイロットルアーとしても使える

サーフェスウィング147fって、パイロットルアーとしても性能をバッチリと兼ね備えているルアーになっています。

サーフのヒラメ釣りにおいて求められる、パイロットルアーとしての性能は以下のとおり。

・安定して出せる飛距離

・食わせのアクション

飛距離、そして食わせるためのアクションが求められるわけですが、サーフェスウィング147fはどちらも備えている万能ルアーです。

また147ミリという大きさから素早くサーフをサーチできるのもうれしいところ。

そんなジャンプライズから発売されているサーフェスウィング147fの特徴と使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

サーフェスウィング147fの特徴

サーフェスウィング147fの特徴はなんといっても、

水面下を確実にトレースできるところ!

これではないかと。

水面下60㎝~80㎝を確実にトレースすることができるので、上を意識しているヒラメなどのフラットフィッシュを狙うのに優れています。

また、めちゃめちゃ浅いシャローフラットのサーフなんかでもサーフェスウィング147fでも活躍する場面はあります。

サーフェスウィング147fの使い方

使い方は基本的にゆっくりとただ巻き。

個人的にはガッツリ巻くというよりも、サーフェスウィングをただよわせている感じで巻いています。

いうなれば、焦らしてヒラメにバイトさせる感じ。

ヒラメが浮上してバイトしてくるのを狙ってゆっくりと狙っていきましょう。

ただ、シャローフラットのサーフを釣る場合は早いテンポで巻いていきます。

まとめ

ルアービルダー、ロッドビルダー、そしてプロアングラーである井上ゆうきさん。

全部自分でしているからこそ、できる最高のルアー。

自分で考えたことが作れるってめちゃめちゃすごいです。

そんな井上さんが作りだしたサーフェスウィング147fはぜひともチェックしておきたいルアーですよね。