サーフェスウィング120fのインプレ!使い方は飛距離を出してしっかりアクションさせる

ジャンプライズから発売されているサーフェスウィング120f。

個人的な印象としては、

超優秀なパイロットルアー!!

飛距離も出るし、いろんな速度で巻いてもきっちりとアクションしてくれる性能。

この2つが高次元で実現されているのがサーフェスウィング120fです。

井上ゆうきさんが開発しているだけあって、ソルトの魚を釣るうえではかなり武器になるルアーになっています。

もちろんサーフのヒラメ釣りにおいてもヒラメに近づけてくれるルアーであることは間違いないかと。

そんなジャンプライズから発売されているサーフェスウィング120fの特徴と使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

サーフェスウィング120fの特徴

サーフェスウィング120fの大きな特徴は以下の2つ。

・安定した飛距離と確実にアクションする性能

・サーフェスウィング147fより深く潜る性能

この2点かと。

飛距離とアクションが高次元

ジャンプライズのルアーの特徴って、とにかく安定して飛距離が出るところ。

それはサーフェスウィング120fも同じことです。

パイロットルアーとして開発されているだけあって、いろんな状況でも飛距離が出る設計になっています。

また、アクションもゆっくり巻いたり、早巻きしたりしても確実にアクションしてくれる設計になっています。

使い方はサーフェスウィング147fとローテーションさせる

サーフェスウィング120fはサーフェスウィング147fよりも少しだけ深く潜る設計をしています。

サーフェスウィング147fの60㎝~80㎝を潜るのに対して、サーフェスウィング120fは80㎝~100㎝潜る設計をしています。

なので、最初にサーフェスウィング147fを巻いて、反応がなかったら少しだけレンジを下げてサーフェスウィング120fを使うようなローテーションさせる方法もあります。

まとめ

ジャンプライズといえばサーフェスウィング!っといいたいところですが、実際はどのルアーも優秀ですw

サーフェスウィングシリーズは万能ルアーなので、最初にジャンプライズのルアーを購入する人にとってはかなりいいかと。