サーフのヒラメ釣りにおいて釣れるポイントを徹底解説!!

サーフのヒラメ釣りにおいて、釣るべきポイントは超大事になってきます。

てか、釣りにおいてポイントはめちゃめちゃ大事です。

そんなサーフのヒラメ釣りにおいて釣っておきたいポイントは以下のとおり。

・流れこみ

・飛び根

・消波ブロック、テトラ帯

これらはサーフのヒラメ釣りにおいて釣る目印になるポイントなのでぜひとも頭に入れておきたいところです。

それでは1つずつサーフのヒラメ釣りにおいて釣れるポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

流れ込み

サーフのヒラメ釣りで一番のポイントになってくるのが流れ込みです。

流れ込み、または離岸流というのですが、見つけるのが難しいのである程度サーフのヒラメ釣りで経験値がある人でないと探すのに苦労します。

ですが、離岸流にはベイトフィッシュがたまっているので、このポイントを探すことはサーフのヒラメ釣りにおいて超大事なことです。

見つけるためには流れがあるとアングラーが気づくことがキーになってきます。

流れがあることをわかるためにはルアーを巻いているときの抵抗に変化があることに気づくこと。

ミノーを巻いていて、いきなり巻き抵抗が重くなった。

急に巻き抵抗が軽くなった。

そういったポイントは流れが発生している可能性が高いので、ぜひとも粘って釣っておきたいかと。

最近ではエクストラハイギアのリールがラインナップされているので、なるべくハイギアのリールを使って流れの変化を掴んでもらえればと。

飛び根

飛び根はサーフのちょっと沖に根が張られているポイントを指します。

こういったポイントはヒラメの居ついている可能性が高いので、サーフを歩いていて飛び根を見つけたら周辺をガンガン巻いていきましょう。

消波ブロック、テトラ帯

テトラ帯もベイトフィッシュがたまりやすくて、ヒラメが捕食したり居ついていりしているので釣っておきたいポイントです。

まあテトラ帯はすぐにわかるポイントなので、みんなが釣るポイントです。

他の釣り人とは違ったアプローチでいきたいところです。

まとめ

サーフのヒラメ釣りにおいて釣れるポイントはほかにもいくつかあります。

今回は代表的なサーフのヒラメ釣りのポイントを解説しました。

個人的には離岸流の攻略が一番出番があって、これを攻略できるかによってサーフのヒラメ釣りの釣果は大きく変わってくると思っています。

離岸流の攻略はある程度の経験値が必要になってくるので、コツコツとサーフに出かけて経験値をためていきましょう。