ベビーロウディー95sのインプレ!使い方はロウディーとのローテーションでヒラメもバッチリ

サーフのヒラメ釣りにおいて人気のあるロウディー130。

ハイプレッシャーのサーフフィールドでもロウディー独自の食わせのアクションでバイトに持ち込む。

そういったところから各地のアングラーがサーフのヒラメ釣りでも結果を出しています。

そんなオリジナルのロウディー130fから派生して生まれたモデルのベビーロウディー95s。

通いこんでいるサーフでヒラメはいることに確証はしているんだけどバイトがない。

そういったときにフォローベイトとして導入していきたいベビーロウディー95sの特徴と使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

ベビーロウディー95sの特徴

95ミリというコンパクトサイズでありながらもしっかりとアクションしてくれるのがベビーロウディー95sです。

サーフの波がうねっていたり、強風という状況でもレンジキープをして、食わせのアクションを発揮してくれます。

なので、過酷な状況でも使えるフォローベイトとして使えるのが個人的にはうれしいところかと。

ロウディー130fと使い分ける

個人的にベビーロウディー95sはフォローベイトとしても使いたいところ。

最初のサーチでロウディー130fを使う。

そして、ヒラメがいる気配がするのに反応がない。

そういったときにフォローとしてベビーロウディー95sにローテーションして使いたいところです。

まとめ

ロウディー130fでヒラメを釣ったことがある人ならわかると思いますが、ロウディーの食わせの力は他のルアーにはない唯一無二のアクションです。

そんなロウディー130fから派生したモデルのベビーロウディー95sはぜひとも使いたいところです。