【シマノ ナスキーc3000hgのインプレ】サーフのヒラメ釣り初心者におすすめリール

シマノから発売されているナスキーc3000hg。

個人的には、あまり注目していなかったリールでした。

だけど、近年のシマノの技術の進歩によって、低価格でサーフのヒラメ釣りに十分なスペックを兼ね備えているリールになっています。

ハガネギア、コアプロテクト、xシップ。

サーフのヒラメ釣りにおいて十分な性能を持っていながら、楽天で実売価格を確認してみると、だいたい9000円くらいで購入できちゃいます。

1万円払ってお釣りがくるってすごいですよね。

今回はそんなコスパに優れたシマノのナスキーc3000hg。

スペックなどをみて感じた印象をまとめてみました。

スポンサーリンク

ナスキーc3000hgのスペック

ナスキーc3000hgのスペックは以下のとおり。

・自重250g

・糸巻き量PE2号180m

・ハンドル1回転あたりの糸巻き量91センチ

まあ、自重も普通だし定番のスペックかと。

クセがない印象を持ちますね。

ナスキーc3000hgの技術

ナスキーc3000hgって、コスパに優れていてサーフのヒラメ釣りに必要な技術が導入されています。

それが、

・Xシップ

・コアプロテクト

・ハガネギア

ハガネギアが導入されているということで、ひたすらリールを巻き続けるヒラメ釣りにおいてはありがたいですよね。

そして、サーフの釣りで注意したい水の侵入。

これを防ぐためのコアプロテクトがナスキーc3000hgには導入されています。

いやー、9000円くらいで購入できて、これだけの技術が導入されているってすごいっす。

まとめ

ナスキーっていままでノーマークだったけど、こうやってスペックとかをみると全然ありですよね。

コスパに優れているモデルとしてストラディックとかバイオマスターswがあります。

だけど、それよりも安くてしっかり使えるのがナスキーc3000hgではないでしょうか?

ソルトの釣りで必要なハイギアもラインナップされているし、まあ損はしないリールかと。