【シマノ サステイン4000xgのインプレ】ヒラメ釣りでも活躍できるカッチリリール

シマノから発売されているサステイン。

シマノのリールのなかではミドルクラスのリールになっています。

そして、マグナムライトローターを搭載しつつも剛性も兼ね備えているというリールになっています。

マグナムライトローターがどれだけ優れいてるか知っているならサステインはぜひとも気になるリールではないでしょうか?

そんなシマノから発売されているサステイン4000xgのスペックをみて感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

サステイン4000xgのスペック

サステイン4000xgのスペックは以下のとおりです。

・自重285g

・糸巻き量PE2号210m

・1回転あたりの糸巻き量99㎝

シマノの定番のスペックですね。

4000番のリールとしては癖がなくて、どの魚種の釣りでも比較的使いやすいモデルになっているかと。

搭載されている技術

個人的にサステインで気に入っているのは以下の2つ。

・Ⅹプロテクト

・マグナムライトローター

この2つがサーフのヒラメ釣りにおいてはかなりいいかと。

Ⅹプロテクトで波打ち際での水の侵入を防ぐ。

そして、マグナムライトローターでの巻き出しの軽さで集中して釣りを継続する。

サーフのヒラメ釣りにおいて、いろいろな面でサポートしてくれるのがサステイン4000xgかと。

まとめ

サステイン4000xgって、個人的にはあまり注目されていない印象があります。

だけど、Ⅹプロテクトとマグナムライトローターが搭載されているのにミドルクラスというのは結構いいかと。

そのほかにも定番のハガネギアなんかも導入されているので、シマノの公式ページで一度確認してみるといいですね。