ダイワ、18フリームスLT3000のインプレ!サーフのヒラメ釣りでも実践レベルで使えそうなスピニングリール

「ぎりぎりフリームスなら使えるかなー」

かつての管理人はダイワのエントリーモデルについてそんな印象を持っていました。

ですが、

2018年にフリームスがリニューアルして、

「えっ、ほしいんだけど、、、」

素直にそう思いましたね。

実売価格が1万ちょっとでしっかりとサーフのヒラメ釣りを楽しむだけの性能を持っている。

いやー、これはぜひとも検討しておきたいリールであることは間違いないかと。

そんなダイワから発売されている18フリームスLT3000のスペックを見て感じた管理人の印象をまとめてみました。

スポンサーリンク

18フリームスLT3000のスペック

ダイワから発売されている18フリームスLT3000のスペックは以下のとおりになっています。

・自重・・・225g

・ギア比・・・5.2(ハンドル1回転あたりの糸巻き量77㎝)

・糸巻き量・・・PE1号200m

・ボールベアリング・・・合計6個

時代の進歩を感じるスペックですよね。

これで実売価格が大体1万ちょっと。

すごいですダイワ。

すごいです18フリームスLT。

18フリームスLT3000に搭載されている技術

18フリームスに搭載されていて個人的に気になっている技術は以下のとおりになっています。

・マグシールド

・ロングキャストABS

・薄肉アルミ製スプール

「フリームスにもついにマグシールドが搭載されたか~」

そんな印象を持ちましたね。

まとめ

シマノのリールも1万円台でアングラーにとって魅力的な製品は数多くラインナップされています。

それはダイワも同じこと。

とくに2018年はLTコンセプトにより優れたリールがフリームスLTのほかにも発売されました。

例えば、18カルディアLTとか。

どちらも優れているリールだけにしっかり検討して買っておきたいところですね。

18カルディアLT3000-CXHのインプレ