ダイワ、レブロス3000のインプレ!安いのにしっかりしていてサーフのヒラメ釣りでも期待できるスピニングリール

ダイワの本格的なエントリーモデルとして発売されているレブロスシリーズ。

ヒラメ釣りなら3000番がちょうどいいかなって感じです。

昔からダイワではレブロス3000が発売されていました。

そして、時代の進歩によりレブロス3000の性能もアップして発売されています。

従来のエントリーモデルって、壊れやすいイメージが強かったけど、ダイワの公式ページを見る限り、

「レブロスって使えそうじゃん♪」

そんな感じです。

ダイワから発売されているレブロス3000のスペックを見て感じた管理人の印象をまとめてみました。

スポンサーリンク

レブロス3000のスペック

ダイワから発売されているレブロス3000の簡単なスペックは以下のとおりになっています。

・自重・・・290g

・糸巻き量PEライン2.5号200m

・ギア比4.7(ハンドル1回転あたりの糸巻き量79㎝)

・ボールベアリング合計・・・5個

自重はちょっと重い感じがするも全く問題ないレベル。

糸巻き量もしっかりしているし、ベアリング数も釣りをする分には十分だし。

「やるじゃんレブロス3000」

率直にそんな感じですね。

レブロス3000に搭載されている技術

レブロス3000に搭載されていて個人的に気になっている技術は以下のとおりになっています。

・デジギアⅡ

・トーナメントドラグ

・ABSⅡ

・ツイストバスターⅡ

どうやら最新のレブロス3000に搭載されているデジギアⅡは耐久性がアップしているみたいです。

レブロスはダイワのエントリーモデル。

ギアの進化によって、リールの酷使によるギアの耐久性もアップしているということでかなり使い勝手がいいモデルになっているかと。

まとめ

レブロスって、なぜか人気ありますよね。

その理由がわかった感じがします。

だってさ、実売価格6000円くらいでギアもかっちりしているし、ライントラブルも少ない設計で作られている。

これは、これからヒラメ釣りをはじめる人にとってはエントリーモデルとしては優秀なのではないでしょうか?

例えヒラメ釣りがいまいちしっくりこなくても、価格が安いからあんまりリスクがないし。

それでも買う気がおきない??