ジャンプライズのオールウェイク105マルチのインプレ!サーフのヒラメ釣りでもがっつり使い込めるロッド

ジャンプライズ。

井上ゆうきさんが代表を務めているだけあって、ルアーからロッドまでこだわりが詰まりまくっているメーカーです。

そんなジャンプライズからはソルトのモンスターと対等、いやそれ以上にアングラーにとって有利になるロッドをラインナップしています。

そのうちの1つがオールウェイク105マルチ。

全ガイドにトルザイトリングを搭載していたり、魚をとるために必要な性能をがっつりと詰め込まれているロッドです。

そんなジャンプライズから発売されているオールウェイク105マルチのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめてみました。

スポンサーリンク

ジャンプライズのオールウェイク105マルチの特徴

オールウェイク105マルチの特徴は以下のとおりになっています。

・小型ルアーから大型のルアーまで扱える懐の広さ

・全ガイドにトルザイトリングを搭載

魚をとるためだけに作られたロッドだけに小型ルアーも扱えるように設計されているのはかなりアングラーにとって有利に働くのではないでしょうか?

小型ルアーから大型のルアーまで使える

これって、超大事な要素ですよね。

どうしても大型の魚種になるとロッドにパワーが求められる。

その分、使用するルアーもでかくて重量のあるものしか扱えないものになりがち。

だけど、

このオールウェイク105マルチに関しては井上ゆうきさんが開発していうだけあって、現場でどうやったら魚をとることができるかを考えて作られています。

プロアングラーがこうしたいと思ったのをプロアングラーが作っているので、そりゃいい扱えるルアーも幅広くなるのは当然のことです。

全ガイドにトルザイトリングを搭載

ひと昔前まではトルザイトリングなんてありませんでした。

ですが、時代の進歩により強度もあって軽量のガイドが開発されています。

その1つがトルザイトリング。

トルザイトリングのいいところはとにかく軽くても強度がしっかりあるところ。

ソルトロッドの難点である重量があるというのもトルザイトリングを全ガイドに搭載していることによって抑えられているのではないかと。

まとめ

ソルト業界なら誰しもが知っている井上ゆうきさん。

サーフのヒラメ釣りでも雑誌なんかでガンガンでかいヒラメを釣っているし、使用しているロッドは間違いなくアングラーを助けてくれるロッドではないかと。

値段はちょっと高いと思いますが、井上さんがこのメーカーを立ち上げるまでの苦労を考えると個人的にはむしろ安いと思います。

ちょっと頑張ってオールウェイク105マルチみたいなロッドを買ってしっかりソルトの釣りをしたほうが結果としてスキルアップにつながるとかと。