ダイワのモアザンショアラインアッパー125fのインプレ!サーフのヒラメ釣りではシャローで使いたい

個人的にダイワのミノーといえばショアラインシャイナーz。

きれいに飛ぶし、しっかりアクションしているから当サイトの管理人はショアラインシャイナーシリーズはよく愛用しています。

そんなダイワのミノーにもショアラインシャイナーシリーズ以外のものがラインナップされています。

それが、

ショアラインアッパー125f。

「ショア」という名前からも分かる通り、波打ち際なんかでガンガン使っていきたいのがショアラインアッパーシリーズです。

そして、このルアーはソルト業界で有名な小沼さんがプロデュースしているルアーになっています。

なので、アングラーの要望のかゆいところを形にしてくれるといった感じになっているかと。

そんなダイワから発売されているショアラインアッパー125fの特徴と使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

ショアラインアッパー125fの特徴

ダイワから発売されているシャアラインアッパー125fの特徴は以下のとおりになっています。

・ゆっくり巻いても泳いでくれる

・安定した飛距離

ざっとまとめるとこの2つが大きな特徴になっているかと。

ゆっくり巻いてフラフラと誘える

ショアラインアッパー125fの一番の強みだと思っているのはゆっくり巻けることにしっかりと対応していること。

これってすごい強みです。

サーフのヒラメ釣りにおいて波打ち際の攻略というのはなにげにキーだったりします。

そういった波打ち際は長い間ルアーを通すことができないのでゆっくり巻くことが大前提になってきます。

いや、ゆっくり巻くというよりもそこで漂っているぐらいの速度が本来ならほしいところです。

「ヒラメがいるだろうなー」と思える波打ち際だったりサラシの限られたスポットでネチっこく誘うにはこのルアーはいいのではないかと。

安定したキャストフィーリング

今の時代、リールだけでなくルアーの性能も高い水準のものを求められています。

その1つが、

飛距離。

とくにソルトの釣りにおいて飛距離という要素は絶対に外せないポイントです。

このショアラインアッパー125fは小沼さんがプロデュースしているだけあって、飛距離という点においても考慮して作られています。

飛距離は出て当たり前だからこそ、しっかり考慮されているのがいいですよね。

ショアラインアッパー125fの使い方

ショアラインアッパー125の使い方はシャローで使いたい。

サーフのヒラメ釣りだったら波打ち際だったり、サラシが生じているところ。

そういったところをゆっくり巻くというよりもそこでフラフラと漂っている小魚を演じて操作するのがいいかと。

このルアーはシャローモデルということで根掛かりやすいポイントでも表層を引いて狙えるというのもうれしいポイントですよね。

まとめ

ダイワのルアーって、価格も抑えられていてアングラーにやさしい気がします。

これから本格的にサーフのヒラメ釣りをする人はダイワのルアーにもちょっと目を向けてみると自分にあったルアーが見つかるかもしれません。

その1つがショアラインアッパー125fだったという可能性も十分にあります。