ジャンプライズのプチボンバー70のインプレ!小粒で飛距離が出るサーフのヒラメでお助け的ルアー

ジャンプライズから発売されているプチボンバー70。

このルアーを一言で表すと、

飛ぶ。

うん、これに尽きるかと。

もちろん、すげー飛ぶっていうわけじゃなくて、

他の70ミリサイズのコンパクトルアーに比べたら圧倒的に飛ぶということです。

そして、ジャンプライズの井上ゆうきさんがプロデュースしているということもあって、

太いラインの使用、強度もしっかりしています。

そんなジャンプライズから発売されているプチボンバー70の特徴と使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

ジャンプライズのプチボンバー70の特徴

プチボンバー70の特徴は以下のとおりになっています。

・きっちりと飛ぶ

・しっかりとした強度

個人的にはこの2つがこのルアーの特徴になっているのではないかと。

きっちりと飛ぶ

飛ぶという表現のなかでは、

「きっちり飛ぶ」という表現がふさわしいかと。

なんというか、すげー飛ぶという感じではなくて、

「おーしっかり飛ぶじゃん」そんな感じです。

サーフのヒラメ釣りにおいて、コンパクトサイズのルアーって、場合によっては虚しくなるくらいに釣れます。

なんだろ、すごいいろいろ考えてルアーをローテーションさせているのに、

コンパクトサイズのルアーを投げるとあっさり釣れる。

こういうことってよくあります。

そんなコンパクトサイズのルアーで飛距離が出るとしたら、、、、

チートレベルに最強です。

しっかりとした強度

これもすごい大事な要素。

さっきも書いた通り、

コンパクトサイズのルアーって、悲しいくらいに釣れるときがあります。

適当に投げても釣れちゃう。

だからこそ、他のルアーに比べて魚とのファイトによる強度を求めていく必要があります。

プチボンバー70は井上ゆうきさんが開発しているだけあって、普通に使う分には壊れる心配はないかと。

プチボンバー70の使い方

個人的にはやっぱりプレッシャーのかかっている状態とか何を投げても釣れない時のお助けルアーとして使いたいところ。

コンパクトなだけで釣れる。

これがコンパクトサイズのルアーの強みです。

ですが、

あまりにも釣れるためこういったコンパクトサイズのルアーばかりに頼りすぎないのも注意が必要です。

このルアーを投げているだけで魚が釣れる可能性はあります。

ですが、簡単に釣れるからとプチボンバー70ばかりに頼りすぎるとアングラーとしての成長も乏しいので、どうしても釣りたい時に使うのがおすすめです。

まとめ

うーん、ネーミングがいいですよね、このルアー。

プチボンバー。

まさしくその通りです。

小さいルアーにもかかわらず実釣性能はピカイチかと。

とにかくコンパクトサイズのルアーなのに飛ぶというのが最強なところです。