ジャンプライズのバックアッパー98IIIのインプレ!青物を釣って感動を求める人はぜひチェック

ジャンプライズから発売されているバックアッパー98。

このロッドってどういったものなのか?

簡単にまとめると、

ショアから狙う青物ロッド。

オフショアから狙う場合とショアから狙う場合では青物ロッドの設計は変わってくるため、井上ゆうきさんのショア専用のロッドに求められる性能をつぎ込んでいるのがジャンプライズのバックアッパー98です。

そんなバックアッパー98のスペックをみて管理人が感じた印象をまとめてみました。

スポンサーリンク

ジャンプライズのバックアッパー98の特徴

バックアッパー98の特徴は以下のとおりになっています。

・折れにくいブランクス設計

・グリップ脱着式

これがすべてではないかと。

15キロ負荷にも耐えることができるブランク設計

いやーすごいです。

15キロの負荷も耐えられるって、相当強いブランクスです。

オフショアとショアでの青物ゲームの違いはロッドにかかる負荷です。

オフショアの場合は、船の上からファイトしていくので、こちらが耐えていれば時間が経つにつれて有利になってきます。

ですが、ショアでの青物ゲームの場合は別。

ショアの場合は足場が悪かったり、こちらが指導権を握らないとバラす可能性が極限に高まってきます。

そのためには太いPEラインを使って強引にファイトをしていく必要があるのですが、今度はそれに耐える青物用のロッドが必要になってきます。

このジャンプライズから発売されているバックアッパー98はそういったことを考慮して設計されているので、安心して使うことができるかと。

というか、井上ゆうきさんが設計している時点でもはや信頼度ナンバーワンといった感じですw

グリップ脱着式

バックアッパー98はグリップ脱着式です。

なぜこういった方針をジャンプライズはとっているのか?

それは、

よりよい青物ロッドにするため。

これ以外に理由はないかと。

9.8フィートだと、どうしても2ピースになりがち。

ですが、それだとショアでの強引なファイトに対応するには井上さんの望むブランクス設計は遠くなる。

そういった理由から2ピースという方針は排除してグリップ脱着式にしているみたいです。たぶん。

まとめ

井上ゆうきさんがプロデュースするロッドって、玄人向けというか、

かっこいい!

すごい軽い言葉になってしまうのですが、管理人にはこういった言葉しか書けません。

千葉の地域でヒラメ釣りをサーフでしている人なら絶対に青物を狙う機会ってあるはずです。

そういったときにはぜひともジャンプライズのバックアッパー98を用意しておきたいところですね。