アピア風神グランドスウェル96MHのインプレ!サーフのヒラメ釣りでロングキャストを前提に釣りをするならコレ

アピアから発売されている風神シリーズ。

そのなかでも飛距離に特化しているシリーズがグランドスウェル。

12センチクラスのスタンダードタイプのミノーを遠投して広範囲にサーチする。

サーフのヒラメ釣りではこういったことは当たり前だからこそ大事にしたいところ。

そういったあたり前のことを高次元で実現してくれるのがこのアピアのグランドスウェルかと。

そんなアピアの風神シリーズのグランドスウェル96MHのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

グランドスウェルの特徴

アピアから発売されているグランドスウェルの特徴は以下のとおりになっています。

・12センチクラスのミノーを遠投するのに向いている

・MHパワーの粘りがあるロッド

ざっとまとめるとこんな感じになるかと。

遠投向きのモデル

ミノーとかメタルバイブをガンガン飛ばしてはるか沖のサーフを釣りたい。

そして、地形変化だったり地質の変化を探ることによってサーフの居場所を絞り込む。

そういったことをするにはかなり向いているモデルになっているのではないかと。

サーフの初場所だったりとか、いまいちエリアを絞り込めないときには遠投に特化しているモデルはかなり強いかと。

粘りのあるブランク

グランドスウェル96MHは粘りのあるブランクを採用しているので、反発力があって向かい風でもキャストができるように設計されています。

まあ、難しく考えずにこの96MHというモデルは飛距離が出ると思えばいいのではないでしょうか?

まとめ

アピアの風神シリーズって、正直高くて買えない人もいたのではないでしょうか?

ですが、現在はこういったグランドスウェルシリーズのように中価格帯のロッドもリリースされています。

風神シリーズは見た目もかっこいいし、ソルトアングラーなら一度は触っておきたいロッドになっているかと。