アピア風神のグランドスウェル100MXのインプレ!サーフでのヒラメ狙いに最適なモデル

アピアの風神シリーズのなかのグランドスウェル。

そのなかでも飛距離も出て、全体的にバランスが整っているグランドスウェル100MX。

普段からサーフでヒラメ狙いをしている人にとっては、グランドスウェル100MXのレングスは魅力的に映っているかと。

そんなアピアの風神グランドスウェルシリーズの100MXのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

アピア風神グランドスウェル100MXの特徴

グランドスウェル100MXの特徴は以下のとおりになっています。

・10.0フィートというロングレングス

・様々なルアーを扱うことができる

グランドスウェル100MXはだいたいこんな感じの特徴になっているかと。

10.0フィートというレングス

10.0フィートのレングスは明らかに武器になるかと。

とくにサーフのヒラメ釣りは飛距離が1番。

どんなに優れているポイントでも、そのポイントまでルアーが届かなかったら意味がありません。

ブレイクだったり、鳥山があったりしたときにバイブレーションなんかを大遠投してポイントまでルアーを届けてあげる。

そういったことが可能なのがグランドスウェル100MXかと。

10.0フィートぐらいのレングスになると最初は慣れないかもしれませんが、案外使い続けると体に馴染むもんですよ。

様々なルアーを扱うことができる

これが超大事な要素。

ミノー、バイブレーション、メタルジグなどなどの幅広いルアーをグランドスウェル100MXは扱うことができます。

とにかく歩いて投げてを繰り返すサーフのヒラメ釣り。

そうなると当然タックルは1本。

なのでバーサタイルにいろんなルアーを投げれることができるロッドはマストです。

グランドスウェル100MXはそういったことも踏まえて設計されているので、サーフのヒラメ釣りでもかなり心強い武器になるかと。

まとめ

アピアの風神グランドスウェルシリーズのなかでは真ん中らへんのレングスの100MX。

ですが、はじめて10フィート以上を使うという人にとってはこのモデルがおすすめです。

理由としては、やっぱりいきなり長すぎるロッドはしんどいものがあるからです。

まずは自分の身長と体にかかる負担を考えてレングスを選んでいくのがいいかと。