アピアの風神ADバンカー111MXのインプレ!圧倒的なレングスでサーフのヒラメを攻略

アピアから発売されている風神バンカー111MX。

11.1フィートということで圧倒的なロングレングスで、

とにかくルアーをぶっ飛ばしたい人にとっては気になるモデルになっているのではないでしょうか??

そんな風神バンカー111MXは村岡さんがプロデュースしているのでコンセプトがしっかりしているロッドになっています。

アピアから発売されている風神バンカー111MXのスペックを見て管理人が感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

風神バンカー111MXの特徴

アピアの風神バンカー111MXの特徴は以下のとおりになっています。

・11.1フィートという超ロングレングス

・スローテーパーデザインによりバラシを軽減

大きくわけるとこの2つが特徴になっているかと。

11.1フィートという超ロングレングス

11.1フィートということでかなりのレングスがあるロッドに仕上がっています。

これによって飛距離は当然のことルアーのレンジコントロールなんかもしやすいことは明らかですよね。

サーフでも磯場みたいなエリアはよくあるもの。

そういったところでミノーをボトムに当てないようにトレースしてくるには11.1フィートというレングスはかなりレンジコントロールさせやすいですよね。

それに風神なのでロングレングスだけど自重が軽いのでアングラーの負担も軽減されているのも個人的にはいいと思う1つです。

スローテーパーデザインによるバラシ軽減

これはかなり大きな要素かと。

基本的にサーフのヒラメ釣りって巻き合わせがほとんど。

そうなるとバンカー111MXのようなスローテーパーはフックを魚にかけるというよりはへばりついてくれるといった感じになるのではないでしょうか?

スローテーパーによってバラシを軽減してくれる。

実はバラシの軽減がソルトの釣りでは超大事な要素ですからね。

そういったことをを考慮しているバンカー111MXはかなり魅力的なロッドに仕上がっているかと。

まとめ

村岡さんがプロデュースしているだけあって、かなり魅力的でサーフでヒラメ釣りをしている人ならかなり欲しくなるロッドになっているのではないでしょうか?

風神のハイエンドモデルということで値段もそれなりにしますが、性能を考えると当然のことかと。

それに11.1フィートはなかなかラインナップされていないスペックなので気になったらなら一度は検討しておきたいロッドなことは間違いないですね。