アピアの風神グランドスウェル108MXのインプレ!バイブレーションで飛距離を出してリフト&フォールで使いたい

アピアの風神グランドスウェルシリーズのなかで最も長いレングスである108MX。

10.8フィートって相当ロングレングスです。

当然使う人を選ぶだろうし、使いこなすにはある程度の時間がかかることはあきらか。

だからこそ、こういったロングレングスのモデルにチャレンジして自分のものにしたら武器になるかと。

そんなアピア風神グランドスウェルシリーズ108MXのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

風神グランドスウェル108MXの特徴

アピアの風神グランドスウェル108MXの特徴は以下のとおりになっています。

・グランドスウェルシリーズのなかで最もロングレングス

・メタルジグとかバイブレーションのリフト&フォールをしやすい

この2つがグランドスウェル108MXの特徴になっているかと。

グランドスウェルシリーズ最長レングス

これはかなり大きな特徴ではないでしょうか?

10.8フィートということでかなりロングレングスです。

飛距離という要素はどんなに経験値を積んでベテランのアングラーでも気になるところです。

可能な限り飛距離は出るモデルを選びたい。

そういう思いがある人がほとんどではないでしょうか??

10.8フィートということでかなりの長いぶん、最初は使うのに戸惑うと思いますが、こういったロングレングスは飛距離も出しやすくなるし、ルアーの操作性も上がるのでアングラーを助けてくれる存在であることは間違いないかと。

メタルジグなんかをリフト&フォールさせやすい

グランドスウェル108MXは10.8フィートということでとにかくレングスのあるモデルになっています。

だから、どうしても飛距離のことばかりに注目しがちですが、実はルアーを操作しやすいというのも大きな特徴の1つ。

レングスが長いぶん、リフト&フォールもかなりやりやすいのは明らか。

普段からメタルジグとかバイブレーションを遠投してリフト&フォールさせている人はこういったモデルを使ってさらにリフト&フォールの釣りを極めてみるのもおもしろいですよね。

まとめ

10.8フィートという風神グランドスウェルシリーズのなかでは一番のレングスを持っている108MX。

飛距離が出しやすいというのはもちろんのこと、ルアーを操作させやすいというのが個人的に気になる特徴の1つですね。

まあ、本格的にサーフのヒラメ釣りをしている人なら一度はこういったモデルを使いたいところですね。