アピアのビットブイ26のインプレ!使い方次第でヒラメもマゴチも狙える

アピアから発売されているビットブイ26。

このビットブイ26はアピアから発売されていますが、メガバスによってリニューアルされたルアーです。

なので、メガバスの技術が詰まっているルアーでもあります。

メガバスってバス釣りのイメージが強いけど、そのバス釣りの分野からフィードバックできるところってあるんだと思います。

そういった技術が詰まっていると思うと使わずにはいられませんよね。

そんなアピアから発売されているビットブイ26の特徴と使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

ビットブイ26の特徴

アピアから発売されているビットブイ26の特徴は以下のとおりになっています。

・小粒でありながら圧倒的な飛距離を出してくれる

・アクションが強め

この2つがビットブイ26の特徴になっているかと。

圧倒的な飛距離

ビットブイ26のサイズは55ミリ。

なのにアピアの公式ページによると飛距離は100m越え。

はっきりいって反則レベルに飛びます。

そして、コンパクトサイズということでプレッシャーにも強いし。

まあ、コンパクトサイズのルアーは基本的に釣れますが、圧倒的な飛距離が出るということでもはや最強なレベルになっているのではないかと。

サーフでヒラメとかマゴチを狙うときに飛距離というのは絶対に外すことのできない要素。

そういった要素をきっちりと満たしてくれるのがビットブイ26です。

強めのアクション

ビットブイ26を実際に巻いてみると分かりますが、ブリブリと振動が巻いているときに伝わってきます。

それは、つまりビットブイがきっちりとアクションしてロッドまでその振動が伝わっているということ。

超遠投してもアクションが伝わってくるというのはアングラーにとっても、今ルアーがどういう動きをしているか把握できるという点でも大事な要素ですよね。

なによりも55ミリというコンパクトサイズで強めのアクションというのはアピールも強くて食わせの能力も高いルアーと捉えることができます。

ビットブイ26の使い方

個人的には釣り人が多いような状況だったり、日中の食い気がない状態で早巻きで使いたいかと。

どちらの状況も無理やり食わせたいときです。

なので、エクストラハイギアのリールと組み合わせて、とにかくガーッといきおいよくリールを巻きながら魚に判断させることなくバイトをさせていきたいなと。

このビットブイ26の早巻きの釣りはうまくタイミングがあえばおもしろいように釣れる釣りなのでぜひとも試してもらえればと。

まとめ

コンパクトサイズのルアーってソルトではあまり使わないイメージがありますが、フィールドによく通う人ほど必要性を感じているもの。

とくに千葉県なんかのサーフは釣り人が異様に多かったりするので、そういったときにはぜひとも用意しておきたいルアーであることは間違いないですね。

さらにビットブイ26だけでなく、ほかのコンパクトサイズのルアーも併用して使うといいのではないでしょうか。