アピアのドーバー99sのインプレ!サーフでも中層を意識した使い方で使っていきたい

アピアから発売されているドーバー99s。

ドーバー99sにはフローティングモデルもラインナップされています。

ドーバー99のフローティングモデルでは攻略できないエリア。

それが中層より下の層です。

ヒラメ釣りでは中層攻略は大事な要素。

だからこそフローティングモデルとシンキングモデルを使い分けて、釣れるヒラメを多くしていきたい。

ドーバー99シリーズのフローティングとシンキングを使いわける。

そのためにはドーバー99sの特徴を知っておく必要があります。

というわけでドーバー99sの特徴と使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

ドーバー99sの特徴

アピアから発売されているドーバー99sの特徴は以下のとおりになっています。

・レンジキープ能力の高さ

・強めのフラッシング

この2つがアピアのドーバー99sの特徴になっているかと。

高いレンジキープ能力

ドーバー99sを実際に水中に入れてみるとわかりますが、ゆっくりと沈んでいきます。

なので、カウントダウンをとっていろんなレンジの層を巻いてくることができます。

また、ゆっくり沈んでいくので、それだけ刻んでいろんなレンジを引いてこれるということでよりヒラメがバイトしてくる層を意識して狙うことができます。

フラッシングが強い

ドーバー99sはボディ側面がフラットなので、巻いたときにフラッシングをギラギラと水中に拡散してくれます。

基本的に魚って、ギラギラしたものが好きです。

なのでフラッシングが強いルアーを意識していない人がいますが、それってかなり勿体無いかと。

1度フラッシングが強いルアーと弱いルアーで釣りをしてみると釣果に差が出ることに気づくかと。

ミノーなんかを巻いていてギラギラしたメタルジグをキャストすると釣れるのもそういった要因もあると思います。

ドーバー99sの使い方

使い方はシンプルにカウントダウンでいろんなレンジを釣る。

これが1番ドーバー99sの性能を発揮出来る使い方かと。

ほかにもストップ&ゴーで使うとかありますが、このドーバー99sはレンジキープ能力の高さを生かした釣りで使いたいところですね。

まとめ

アピアのミノーって目が特徴的だと思うのは僕だけでしょうか?

タックルを開いたときにまっさきに目があってしまうアピアのミノー。

それは単に目が特徴というだけでなく自分のなかで実績があるからこそ、自分の脳が使えと判断しているんだと思います。

実際にドーバー99sのようなアピアのミノーを使ったら僕の言っていることが少しでも分かると思います。