アピアのエルドール115Fのインプレ!シャローフラットのサーフで使い方次第で可能性大

アピアから発売されているエルドール115F。

このルアーって、河川でのウェーディングゲームを想定して作られているルアーみたいですが、個人的にはシャローフラットのサーフで使いたいところ。

もちろん、荒れているときとかうねりが強いときは使えないです。

ですが、条件次第ではヒラメに近づくことができるルアーではないかと。

そして、このエルドール115Fをプロデュースしたアングラーの強いこだわりが感じられるだけにしっかりと使い込んでいきたいところ。

そんなアピアのエルドール115Fの特徴と使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

アピアのエルドール115Fの特徴

エルドール115Fの特徴は以下のとおりになっています。

・フローティングモデルながらも安定した飛距離

・超浅いシャローフラットを攻略できる

この2つがアピアのエルドール115Fの特徴になっているかと。

フローティングモデルなのに飛距離が出る

エルドール115Fは飛距離が出るように設計されているので安定して飛距離を出すことができます。

もちろん、風が強い状況だったりした場合はフローティングなのでさすがに限度がありますが。

フローティングモデルをサーフで使う場合、自分なりに使いたいシチュエーションがあると思います。

水中に沈んでいる磯場の上にルアーを通したいとか。

そういった状況でガンガン使いんでいきたいですよね。

超浅いシャローフラットを攻略できる

このエルドール115Fで狙いたい水深は10~30センチぐらい。

ようはヒラメを浮かせて釣らせることを前提に使うルアーです。

なので、ボトムが磯でガビガビしているようなところをゆらゆらと泳がしながら使うなど、超限られた状況で使うにはかなりオススメできるルアーではないかと。

エルドール115Fの使い方

河川のシーバス狙いで使うのはもちろんのこと、サーフで釣りをしていても河口で釣りをする場面ってありますよね??

そういった状況でこのエルドール115Fを使うのはかなり向いているのではないかと。

とくに流れの境目だったりするところは水深の変化が激しいのでそういったところをゆらゆら~っと通せば、、なんかおもしろいことが起きそうですよね。

まとめ

アピアのエルドール115fは河川でウェーディングで釣りをするときのために作られているモデルです。

かといってサーフのヒラメ釣りで使わないのは勿体無いかと。

自分が普段通っているフィールドでも超シャローエリアで根掛かりが多発するところってあると思います。

そういったところでガンガン使い倒していけば、他の人が狙わないようなヒラメを釣ることができるのではないでしょうか?