サーフのヒラメ釣りで使いたいロッド5選【絶対おすすめ】

サーフのヒラメ釣りにおいて大事なもの。

リール、ロッド、ウェーダー、ルアー。

いろいろありますよね。

だけど、

他の釣りに比べてロッドのセレクトがキーになってくるサーフのヒラメ釣り。

ロッドのセレクト次第で快適にルアーを飛ばすこともできるし、レンジコントロールもしやすくなります。

今回はそんなサーフのヒラメ釣りで使いたい管理人がオススメするロッドを5本紹介していきます。

スポンサーリンク

ロッドを選ぶときのポイントを解説

サーフのヒラメ釣りにおいてロッドを選ぶときはいくつかのポイントがあります。

・レングス

・パワー

この2つを意識してロッドを選んでいます。

ロッドのレングス

ロッドのレングスはヒラメ釣りにおいて超大事な要素です。

9フィートのロッドと10フィートのロッドでは飛距離も変わってくるし、ルアーのレンジコントロールのしやすさも変わってきます。

個人的な意見としては、

長ければ長いほどいい!

とにかく全力でフルキャストをするのがサーフのヒラメ釣り。

キャスト精度が大事というよりも遠投性能が大事になってきます。

そう考えると、レングスは長ければ長いほどいいからです。

ただしデメリットもあります。

それはアングラーにかかる負担です。

レングスが長ければ長いほど扱うのに体力を使う分、体力のないアングラーはすぐに疲れて釣りができなくなってしまいます。

なので自分が体力があるのかないのかで判断してロッドをセレクトしてもらえればと。

ロッドのパワー

自分がどういったルアーを扱いたいのか?

軽めのミノーなんかを軽快に扱いたいなら、それを扱うのに最適なパワーを選ぶ必要があります。

逆に重めのルアーを扱いたいときは強めのパワーのロッドを検討する必要があるということです。

ジャンプライズ オールウェイクモンスター99バトル

ジャンプライズといえばロウディー?ぶっ飛び君??

もちろん、それらのルアーの印象も強いですが、ロッドも負けていない。

ガチでサーフのヒラメ釣りをしている人なら使っている人が多いロッド。

それがジャンプライズから発売されているオールウェイクモンスター99バトルです。

遠投性能、魚を寄せるパワー。

これらを高次元で実現しているロッドになっています。

アピア 風神ADバンカー111MX

アピアの風神シリーズから発売されているバンカー111MX。

とにかくこのロッドの特徴は、超レングスが長いw

レングスが長いから必然の遠投性能。

そして、レングスの長さからくるレンジコントロール。

飛距離とルアーのレンジコントロールを意識して釣りをしたい人にはかなりオススメできるモデルになっています。

まとめ

サーフのヒラメ釣りって、本当にロッド1つで大きく釣果が変わります。

そのためにも自分にあったロッドセレクトをしていって、少しでも早く自分にあったロッドが見つかるといいですね。

ちなみに管理人は体力に自信があるのでなるべくロングロッドでパワーのあるものを選びます。